カロリーが気になる方のお酒の選び方と食品表示の糖質と糖類の違い

食品表示

お酒の表示内容

コロナの影響でお酒を外で飲む機会が少なくなっているのではないでしょうか?

お酒を買って自宅で飲むと、安心感からついつい飲み過ぎてしまうこともあるかもしれません。

結果、体重とお腹が気になりだして、カロリーの低いものや糖分を抑えた飲み物を選択したいと考えている方も多いと思います。

そこで、缶チューハイや缶ビールを見ると以下の表示が記載されていると思います。

エネルギー……………………○○Kcal

タンパク質……………………○○g

脂質……………………………○○g

炭水化物………………………○○g

  • 糖質……………………○○ℊ
  • 食物繊維………………○○ℊ

食塩相当量……………………○○ℊ

上記のように表示されていますが、どこに着目して選択すればよいのか悩んでしまいます。

そこでポイントとなる項目について解説していきたいと思います。

カロリーについては表示量にある通り数字が小さければカロリー摂取量も小さいことが分かります。

次にタンパク質、脂質は表示量が少ないか、0ℊと書いてあることが多いので、成分としては低いことがわかり、あまり気にしなくてもよいと思います。

炭水化物は糖質と吸収されにくい食物繊維とに分けられ、表示は糖質+食物繊維=炭水化物量となっているのが分かります。糖質はさらに糖類として表示がされてる場合があり、糖質と糖類はどう違うのか見ていくことにします。

ちなみに、多糖類の例としてはでんぷんが代表例です。

糖質と糖類の違いについて

糖質とは炭水化物から食物繊維を引いたもので体内で吸収され、代謝・保存されていきます。
糖類とは単糖類と二糖類のことで、三糖類以上を除いた糖類を指します。

単糖類は消化酵素によりそれ以上分解できない構成単位のことで、ブドウ糖や果糖が主に知られ、二糖類は麦芽糖やショ糖が代表例です。

ですので、糖類の取りすぎは、肥満や虫歯の原因につながりますので、お酒の糖類の表示量には注意が必要です。

甘味料について

これに対し、ステビアやアスパルテームなどの天然や人工の甘味料は、消化吸収が少ないタイプ(難消化性)のものと、砂糖の数百倍の甘味を持ち、少量の使用で済むことで、結果的に低カロリーとなるタイプがあります。

最近は、人工甘味料不使用のタイプも出ていますので、成分表示を確認することをおすすめします。

個人的には、甘いタイプのお酒は苦手なので、果汁や甘味料が使用されていないタイプで晩酌しています。

 

まとめ

  • 成分表示を見る場合は、糖質を確認すること
  • 糖質がさらに細分化表示されている場合は、糖類の量をチェック
  • カロリー表示は本数を飲むと、結果的にカロリーの取り過ぎとなるので、注意しましょう

ウイスキーや焼酎のような蒸留酒を水割り、炭酸割すれば、余分な糖質を取り過ぎることがないのですが、個人の好みもありますから、しっかりと書かれている成分表示を見極めて、お酒ライフを楽しんでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました